海物語の島の小ネタ集

スポンサーリンク
タコ海物語
スポンサーリンク

どうもスナゴケです。

今日は海物語の常連様達との他愛もないやりとりを紹介します!

スポンサーリンク

60代男性の常連様

海物語の島をラウンドしていると常連様こら声を掛けられました。

常連様「兄ちゃん当たらないぞ!チョットうなぎ仕込んでこい!」

スナゴケ「ハイ!かしこまりました」

海物語にうなぎなんていませんが、当るようにして来いという冗談ですね!

「うなぎなんていませんよ!」ってツッコんだ方がいいのかもしれませんが、僕はいっつも乗っかっていきます。

5分後…

スナゴケ「お待たせしました。今年はうなぎが安いみたいで多めに仕入れてきました!」

常連様「今年はサンマは高いらしいのう」

スナゴケ「らしいですね。1匹800円もするらしいですよ」

特に落ちがあるわけでもなく他愛ない会話です。

1000ゲームハマりの常連様

大海4をご遊技中の女性の年配の常連様から

「アンタ、一円の海で1000ハマりっちゃおかしいんやねえ?」と声をかけられました

「いやー深いですね。パーラーデイサービスの海は深いですよ」

「そうやわ!あの台もあの台も、あっちこっちハマってるじゃねえか!」

①「ほんとですね。でも漁師だった爺さんが言ってましたよ。深い海には大物がいるって」

お客様がクスっと笑いましたのでたたみ掛けます。

②「まあ、うちの爺さん沖に出過ぎて遭難して死にかけたのですけど(笑)お客様も気を付けて下さい」

僕が良く使う手です、

もうひとつパターンがあって、

①「深い海で遊ばない方がいいかもですね。子供のころ、良く言われてました、海の深いところでは遊ぶなって」

ここで笑ってくれたら

②「良かったら浮き輪もってきましょうか?」で着地します。

ホントに他愛もない話です!

今日はこの辺で…

最後までお付き合いありがとうございました。

コメント