「私初めてなんです」ドキドキ接客とパチ店員NGワード

スポンサーリンク
パチ屋ほのぼの話
スポンサーリンク

どうもスナゴケです。

パチ店員には様々なNGワードがあります。

代表的な所だと「交換率」「換金所の場所」「イベント案内」等。

いわゆる「グレーゾーン」な所に関して店員が口にしてはいけないということですね。

「3店方式については国会で承認された」なんて話を聞いたような気もしますが、現場ではそのような指導を受けております。

今回は「NGワード」にまつわるエピソードです。

スポンサーリンク

20代女性のお客様

仕事をしていると若い女性のお客様から声を掛けられました。

「私パチンコ屋来たの初めてなんです。どうやって遊ぶか教えてもらって良いですか?」

恐らく一人での来店でしょう。

「若い女性が一人でパチンコ屋に入るって凄いな」

軽く驚きながらも、1円甘海の島に案内して簡単に遊技説明。最後に

「分からない事があったらコールランプを押して下さい」

「ありがとうございます」

ここまでは何も問題無かったのですが……

ビギナーズラック

ビギナーズラックでしょうか。

若い女性のお客様はポコポコ連チャンさせてます。

最初は戸惑ってましたが、楽しそうにされてる姿をみて安堵すると同時に一つの懸念が………

「交換の時どうしよ?」

前述した通り「景品交換」を初心者の人に説明しようとすると「NGワード」のオンパレードになります。

恐らく彼女は一人で来てますので僕が「パチンコ屋における一般的な景品交換」を1から10まで説明しようとすると…

「このICカードをカウンターに持って行って下さい。景品に交換できます。景品には2種類あってお菓子とかオモチャ、もしくは「キーパー」と言われるお金と交換出来る物があります。「キーパー」は裏にある交換所でお金と変えられます。」

震える

半分はNGワードやないか………

同僚に相談してみると

「ウーン、カウンターに案内だけして後は関わらないようにすれば」

なんて冷たい(汗)

しかしながら、確かにルール上それ以上の説明は出来ない……

しかしながらサービスマンとしての良心が「それで良いのか?」と問いかけてきます。

しばしの葛藤の後に僕は決断します!

貯玉カード

「貯玉カード作って貰って貯玉してもらおう」

これならNGワードを言わなくて済みます。

なんとか貯玉カードを作って貰いました。

そして1時間くらいしてその時がきます。

やめます

コールで呼ばれて向かいますと、若い女性のお客様でした。

「やめたいのですが、どうすればいいですか?」

「かしこまりました。先程作って頂いたカードに入れておけば次来店された時にそのまま遊べます。景品に交換する事もできます。どうされますか?」

「交換します」

ビックリ

作戦失敗です。

しかし、ここで粘ることも出来ません。

「かしこまりました。カウンターの方で交換出来ますので案内します。」

カウンターまで案内して、遠くの方から様子を伺います。

「交換の事聞かれたらどうしよ……」

そんな心配はどこ吹く風、女性は普通に裏の交換所に向かっていきました。

怒り

それは知ってるんかい!!

まとめ

「もしかして覆面調査員?」

なんて事も考えましたがどうなんでしょ?

パチンコ屋に覆面調査員とかいるのでしょうか?

まぁコレも僕の気にしすぎかもですね、

今日はここまで!最後までありがとうございます。

コメント