凱旋1287ゲームハマりを掴むのは誰だ?パチ店員の実況な話

スポンサーリンク
スロット画像パチ屋ほのぼの話
スポンサーリンク

どうもスナゴケです。凱旋の映像が無かったので”はーです”で代用( ´∀` )

最近はスロットの稼働記事が多めでした。今日は職場のゴッド凱旋の島であった話です。

スポンサーリンク

40代男性の常連様

連休の最終日、21時頃僕はスロットの島を担当していました。

すると凱旋を打っていた40代男性の常連様に声を掛けられます。

「この台休憩にしといて。5分たったら開けていいよ」

台上のデータグラフは1275ゲームです

スナゴケ「天井間近じゃないですか!!大丈夫ですか?」

常連様「うん。もったいないのはわかってるけど、お金なくなってね。
ATMにも行けないし・・・・・・・」

以前、ファン感謝デーで空気清浄機が当たった時に
「嫁が喜んでくれた」とおっしゃってましたので通帳は奥様が管理されているのかも。
片手にはタバコを持っています。タバコを1本吸う間にどうするか決めるということでしょう。

スナゴケ「かしこまりました。5分後に開放します」

5分後

僕の心境としてはお客様に戻ってきて欲しかったのですが、お客様は戻って来ず。

念のため喫煙所も確認しましたが、いらっしゃいません。

お客様がおっしゃったように21時10分台を開放しました。

こうなると今度は誰がこのドリーム台を掴むのか?

パチ店員としてはドキドキです。

凱旋の島には2人

今日は実況風に僕の心の声を表現したいとおもいます。

さてさて連休最終日とあって人影はまばら。

時刻は21時10分。誰がこのドリーム台を掴むのか?

一番可能性が高いのが凱旋の後ろで打っている二人だ!

丁度真後ろにある「まどか叛逆」を打っている30代のの男性

一途に「まどか叛逆」を打つ彼は店員から「スロッターの鏡」と噂される男

ユニメモはクイックスタートなのですが、間違いなく全国で10本の指に入る
「まどか叛逆」打ちでしょう。

本日も他の台には目もくれず打ち込んでいます。

島に響きわたりますは「まあるいケーキは甘いです」のセリフ

メガネほむらに見入ってる彼が後ろの凱旋に気づくことはないでしょう。

黙々とまどか叛逆を打ち込む姿はまるで修行僧のようだ。

まさに、まさに「スロッターの鏡」であります。

次の候補者は後ろの絆2を打っている20代男性だぁ!

おおっと、20代の男性が凱旋の台を見つけたぁ。

ビックリしております。当然でしょう。21時過ぎであればまだまだ間に合います。

しかーし、彼の台は今「バジリスクタイム」に突入しております。

チラッと僕の方に視線をやりました。僕の視線に気づいたのでしょう。

「掛け持ちはダメですからね」視線で牽制だぁ

彼も悟ったのでしょう。バジリスクを高速消化

レバーを叩く姿からは「少しでも早く終わらせて凱旋を打つ」

心の声が聞こえてくるようだ!

しかーしそんな彼の心境とは裏腹に小役の落ちが良い。

おおっとここで島に鳴り響くは「甲賀忍法帖」

継続確定だ。無念そうな彼の表情。

おおっと次の候補者が現れたー。スタッフから「閉店君」とあだ名されている男性だ。

いつもこの位の時間に来る彼。凱旋の島に入っていきます。

これは掴んだか?いやいや、店員に捕まっております。

なんとマスクをしていなかったー!凱旋の一歩手前の所で止められてしまいました。

車に帰って行きます。再チャレンジはあるか?帰ってきた!帰ってきたぞー!

黒いマスクをしての再入場だ!しかーししかーしパチンコ島に入っていったー。

注意された店員と顔合わせるのがバツが悪かったのか?パチンコ島に行ってしまった。

千載一遇のチャンスを逃しました。

連休最終日、島は閑散としています。時刻は21時30分を回りました。

今一番可能性のあるバジリスク絆の彼はまだ連チャン中だ!

全く終わる気配がない。ない。おおっと

新たなチャレンジャーが、ジャグラーおじさんだ。

ジャグラー一筋20年ていう顔をした年配の男性が難しい表情で時計を見ている。

確かに難しい時間だ。打つか?打つか?いや打たない!ジャグラーおじさんは打たないー!

時刻は21時50分、バジ絆のお兄さんAT終了だ。二箱だしております。
ご満悦な表情。店員を呼んで交換して・・・キタックだー。帰宅したー。

もう参加者はいないでしょう。まさか、まさかの放置で終了となりました。

「まあるいケーキは甘いです」

「スロッターの鏡」はまだ稼働中ではございますがここで中継終了とさせて頂きます。

まとめ

ということで、結局誰も打たないで閉店となりました。

普段負けてる常連様に声かけてあげたい気持ちになりますが、それは出来ません。

なので心の中で実況したりしております(笑)

今日はここまで。最後までお付き合いありがとうございました。

コメント