【羽根物】据え置き狙いなトキオスペシャル

スポンサーリンク
パチンコ画像パチンコ
スポンサーリンク

どうもスナゴケです。

先月「まどかちゃん」の魔法にかかり20スロで5000枚近く負けた僕。

今月は堅く立ち回ることを目標にしてます。

そこで羽根物「トキオスペシャル」でございます。

スポンサーリンク

据え置き狙い

前日打ったトキオスペシャルは勝つには勝ちましたが、手応え的にはイマイチでした。

「何がイマイチだったの?」と聞かれると、データをしっかりとっていなかったので

「うーん・・なんとなく」としか答えられません。

わらう

笑って許して

という事で今回はしっかりデータを取ってお伝え出来たらなと思ってます。

選んだのはこの台

スロット画像

1週間のスランプグラフで+1万4000発くらいの台。

僕が打ち始める前は19時過ぎの時点で251ゲーム大当たり8回マイナス1500発でした。

ラウンド振り分けは2ラウンド4回、7ラウンド2回、16ラウンド2回。

羽根物のラウンド振り分けは基本的に均等なので、振り分けで負けてますね。

しかしながら、これくらいでは台の良し悪しは判断できません。

実際に打って確かめたいと思います。

結果

プラス2600玉

389回転 20回(大当たり確率およそ1/19) 拾い188(拾い率48%) sP37(拾いに対して1/5)
 通常当たり7 役物確率 およそ1/9

2ラウンド 9回 7ラウンド 5回 16ラウンド 6回

パチンコ画像

いびつなグラフだな(笑)

無難に勝つことが出来ました。

クセの良い台なんじゃないでしょうか?(羽根物の経験値が少なくて自信が無い)

ネットで調べてみると「トキオスペシャル」に於いては「役物確率」が大事だそうです。

役物確率は「大当たり÷拾い」で出てきます。

トキオスペシャルは筐体事に差がでかいらしく、これによって「鳴き」のボーダーラインもかわるのだとか。(いわゆるクセですね)

ここらへんが羽根物の難しい所でもあり、面白い所です。

アナログな故に打ち手の技量で差が大きくなるし判断も難しくなる。

久しぶりに打って見ると楽しいですね。

最近のスロットやパチンコみたいにスマホ片手にながら打ちなんて出来ませんでした。

「玉の動き」と「攻略してるぞ感」

キング オブ パチンコと言って良いのではないでしょうか。

まあ好き嫌いが分かれる所です。だからこんなに設置台数が少ない・・・・・

ハッキリ言って一般受けしない!

わらう

打って見たことのない人は是非どうぞ。

理屈っぽい人ほどハマるのではないかと思います。

今日はここまで。最後までお付き合いありがとうございました。

PS.ハネモノの記事は予想していたことですが、閲覧数が少ない(汗)個人的には書いて行きたいので面白いと思った方は下にある日本ブログ村のバナーを是非押してくださいませ。宜しくお願いします。

コメント