捨てる勇気!リゼロの6よりトキオスペシャル

スポンサーリンク
スロット画像6号機
スポンサーリンク

どうもスナゴケです。

前日の記事の続きになります。

13時過ぎリゼロにて設定6が確定した所からです。

スポンサーリンク

作業感が苦手

1回完走しているリゼロで6確定画面を出した僕。

物凄く嬉しかったのですが、

その喜びと同時に「めんどくさいな」とも思いました。

僕の予定は
「完走2回して、4000枚近く勝ってトキオスペシャル打ちに行く」だったのですから。

あとリゼロみたいに安定して出る設定6は作業感が強くて苦手なのです。

これが「まどマギ2」ならこの先の展開がわからないから嬉しいのですが、リゼロだと勝つにせよ負けるにせよある程度展開が想像できてしまいます。

設定推測の終了したリゼロは割の良いバイト。

給料がどんなに良くても、休みの日まで働きたくはないな・・・・・・・

目標を5000枚に設定

しかし、僕も安月給で働く身。

リゼロの6を簡単に捨てる勇気は持ち合わせていません。

「5000枚出たら止めよう」

そう決めてぶん回し始めました。

そして順調に出てくれたリゼロ。無事18時前に5000枚に到達です。

クレジット音

5000枚到達して有利区間が終了。

レアリティカードを確認するとRでした。

「良し!ここで止めよう!」

クレジットオフのボタンを押すと、「クレジット音」を聞いた後ろのリゼロを打っていた3人が一斉に僕の方に振り向きました。

「えっ!?やめるの?」って顔に書いてましたよ(笑)

左側の男性は朝イチからリゼロを打っていて4、5くらい挙動の台を粘ってました。

右側の男性は朝イチ「まどマギ2」を打っていて、リゼロのあって4くらいの台を打ってました。

真ん中の男性は、作業着を着ていて左胸には会社名が書いてました夕方17時半くらいにリゼロの島に来たので恐らく仕事帰りなのでしょう。

僕は真ん中の作業着男性に「良かったら打ちませんか?」と声をかけました。

出来るだけこのお店の常連様に打ってもらいたいと思っていたのです。

作業着の男性「打って良いんですか!?」

スナゴケ「どうぞ。もう疲れました(笑)」

作業着の男性「めっちゃ出てますね。設定6ですか?」

一瞬返答に悩みました。設定推測の楽しみを奪う事になるかなと思ったからです。

しかし、完走してる以外は如何にも「設定6」なグラフと履歴。
お兄さんが負ける可能性もゼロではありません。

スナゴケ「はい。設定6です!レアリティカードはRです。頑張ってください。」

作業服の男性「ありがとうございます。お疲れさまでした」

お疲れさまですって言われちゃいました(笑)作業感がにじみ出てたのでしょうね。

しかしながらお兄さんの嬉しそうな顔を見て

「設定6には期待値以上の価値があるよな。捨てて良かった」

なんて思っていたのですが・・・・・・・

まとめ

結局僕の打っていた台は

スロット画像

8000枚近く出ておりました。(ちょっと後悔)

作業服の兄さんまさか負けてないよね?とか思ってたのですが要らぬ心配でしたね。

履歴で確認すると僕が止めた後全部ATに繋げてましたよ。

剛腕ですね(笑)

リゼロを止めた後の僕は温泉に行った後、A店でトキオスペシャルを打ってました。

リゼロ設定6→温泉→トキオスペシャルと満喫した休みを過ごせましたよ。

友達に言ったら「バカじゃねえの?」と呆れられましたが(笑)

今日はここまで。最後までお付き合いありがとうございました。

コメント