常連様達の遊タイムにドラマ有り!前編

スポンサーリンク
おっさんパチ屋ほのぼの話
スポンサーリンク

どうもスナゴケです!

遊タイムの台が増えてきましたね!

賛否両論ありますが、僕は

「遊タイムならではのドラマがあるな」

と思っております。

今日からはパチ店員の目線で自分の勤めるパチンコ屋さんであったいくつかのエピソードをご紹介します!

前編、中編、後編の3部構成となってます久しぶりのパチ屋ほのぼの話ご覧ください。

スポンサーリンク

ヴィクトリーシーズンなお客様

ヴィクトリーシーズンとは友人のヒッキーとの間でよく使う単語です。

意味合いとしては、「何を打っても勝てる時期」みたいな時に使います。

今日ご紹介する常連様は正にヴィクトリーシーズン中なお客様です。

牙狼660ハマり

時刻は19時30分頃、牙狼の島をラウンドしていると660ハマりの空き台がありました。

「良い台だな!時間的にギリだけど誰が取るかな?」

そこに年の頃なら30代、作業服を着たツーブロックに軽くパーマをかけた男性が入ってきました!

少し驚きながらデータを確認して着席。

あまり見かけない男性です。

もしかしたら貯玉カードを作ってないかもしれませんので声をかけてみる事に!

スナゴケ「めっちゃ良い台ですね。天井まで240ですか?」

見知らぬ店員にいきなり声をかけられてチョットビックリした感じの男性(当然)

お客様「ラッキーや!遊タイム付の牙狼打ったことないから丁度良かった。」

スナゴケ「そうなんですね。ST中も出玉スピードも速くて人気ありますよ」

そこからは、話が弾み

つい最近友人に勧められて自分の勤める店に通い始めたこと。ここ数日で
サヨナラ凱旋のつもりで打ったら9000枚勝ち、花の慶次のパチンコで15000発出していることなど話してくれました。

そんな話をしていると激熱のガロ保留が・・・・

スナゴケ「おっ!熱いですね」

お客様「あー、でも遊タイムやりてえなぁ。ここで当たっても単発の可能性もあるし」

スナゴケ「遊タイムからはST確定ですもんね。その気持ちわかります。」

結局そのガロ保留はハズレ。

夜21時過ぎに遊タイムに入れたお客様はSTを15連チャン!

およそ1万6000発獲得して帰られました。

さすがヴィクトリーシーズン中のお客様は自分の願望のままに出しますね(笑)

お客様「今日は良かった。ガロも面白かったしまた来るわ」

スナゴケ「ありがとうございます。お待ちしています」

まとめ

貯玉カードも作ってくれて、貯玉もしてくださいました。

そして、この2日後また来てくれてやらかして帰るのですがそれはまた今度ご紹介します。

次の中編は、20代の男性と、40代の男性のエピソードを

そして後編は、新たに50代の男性を加え全員集合で様々な人間ドラマが繰り広げられる予定です。

今日はここまで。最後までお付き合いありがとうございました。

コメント