常連様達の遊タイムにドラマ有り後編

スポンサーリンク
ビックリパチ屋ほのぼの話
スポンサーリンク

どうもスナゴケです。

遊タイム連続ドラマ後編になります。

前編、中編はコチラhttps://sunagoke.net/archives/2514
https://sunagoke.net/archives/2541

読んでなくても大丈夫ですのでそのままどうぞ。

この日僕は遅番で、人が少なく普段2人で見ているパチンコの島を一人で見ていました。
普段より忙しい状態なのですが気になる常連様が多数出てきます。

スポンサーリンク

時刻は21時20分

時刻は21時20分過ぎ。

自分の勤めている店舗の創業当時から通ってくれているという50代の男性の常連様。
普段どんだけ負けても機嫌よくスタッフにも接してくれるのでスタッフにも人気があります。
コロナ渦の休業要請で2週間休むことになった時、店舗の思い出話を15分ほど語ってくれるような筋金入りの常連様です。

そんな常連様が仮面ライダー轟音を打っています。
液晶上には遊タイムまで残り271ゲームと表示されてます。

スナゴケ「いらっしゃいませ。残り271ゲームですか!ちょっと厳しいですね」

常連様「いやギリギリ間に合うやろ」

ビックリ

一瞬言葉を失いました。僕の感覚では間に合わないと思っていたのです。
自分の感覚だと1時間当たり180回転くらいです。
確かにパチンコの1時間あたりの回転数は状況によって変わるもの。
1000円あたりの回転数が多いほど、1時間あたりの回転数も変わりますし、スペシャルリーチの発展具合でも変わります。
常連様の打感では「まだ間に合う」となったのでしょう。

スナゴケ「そうですよね!当ててしまえば関係ないですしね」

常連様「当たらなくてもいいよ!俺はこの台がこの後どうなるか気になるんや」

流石筋金入りの常連様です。パチンコ大好きなんですね。
なんとか、当ててほしいな。気になってチョコチョコ見に行くのでなかなか仕事が進みません。

時刻は22時過ぎ

時刻は22時過ぎ。ひとりで島を見ているのに、仮面ライダーの常連様の所にチョコチョコ行ってお話を聞いたりしているので閉店作業が全然進んでいません。

仮面ライダーのお客様は依然当たらず!気にはなりますがそろそろ本腰を入れて仕事しないと間に合わなくなるな!と作業に入ろうとすると

「よう!」と声をかけられます。

前編に出てきたヴィクトリーシーズン中のお客様でした。

このお客様はここ数日で凱旋で9000枚、パチの牙狼と花の慶次で1万5000発づつ出しているという絶好調なお客様。

今日も良く見ると北斗無双で12000発だしております。

スナゴケ「めっちゃ出てるじゃないですか!!!」

お客様「この前貯玉したやろ!それで8時過ぎに来たら当たってな。調子いいわ」

ニコニコとご機嫌そうです。

まあ1週間もしないうちにこれだけ勝ってれば不機嫌な人はなかなかいませんよね(笑)

22時10分過ぎ

北斗無双の常連様と談笑しているうちに時刻は22時10分過ぎ。

さて、作業に入ろうとすると沈んだ声で「よう」と声をかけられます。

今度は中編で「閉店間際に牙狼で時短引き戻し」を決めた常連様でした。

今日は750ハマりを喰らっております。

スナゴケ「これは、天井届かないですね・・・・」

お客様「昨日の貯玉があったから打って見たらハメられてな、最悪や」

スナゴケ「そうですか・・・きついですね」

ふと視線を感じ見てみると、中編で「ひぐらし」を打っていたお兄さんがこっちを見ています。

顔に「可哀そうに」と書いてますよ・・・・

通常時のハンドル対応

お客様対応も終わり作業に取り掛かろうとすると、仮面ライダー轟音の常連様があわてて外に走っていきます。

片手にはスマホを持ってますので、家族からの電話でしょうか?

僕はとっさに「ハンドル持っておきましょうか?」と聞くと

常連様「頼むわ!」

あわててハンドル握りましたよ!

仕事柄、大当たり中のお客様が「トイレ」だったり「電話」だったりで、ハンドルを握ることはありますが、通常時は初めてです( ´∀` )

諦める

無事お客様の帰ってきて時刻は22時20分、僕はここで決断します。

「良し!閉店作業諦めた!」

元々2人でこなす作業をひとりでこなすにはお客様達が濃すぎて無理です。

中途半端に仕事をするより、お客様に寄り添う接客をしよう!(物は言いようですね)

まとめ

北斗無双のお客様はなんと「2万5000発」獲得。

帰る前に僕の所に来て
「また来るで!今日は最高や!」と巨人の阿部みたいにご機嫌で帰っていきました。
ついつい僕も「でしょうね」って返ししちゃいましたよ(笑)
直ぐに「またのご来店をお待ちしております。」とカバーしました。

牙狼のお客様は780回転でギブアップ。
一言も話さず肩を落として帰って行きました。
次の日は早番だったのですが、「ひぐらし」のお兄さんの友達がその台を押さえてましたよ。
報連相バッチリですね。

そして仮面ライダーの常連様。
22時30分過ぎに遊タイムには突入しましたが、600回転遊タイムを回した所でギブアップ。
会員様ですので残り5分くらい残ってましたが、ここまで来て追い銭したくないということで止め。
スタッフ全員で当ててほしいと願ってましたがこればっかりはどうしようもないですね。

「なんとなく、こうなるんじゃないかと思ってた。仕方ないわ」

残念そうに帰って行かれました。

3日間に渡ってお送りした「常連様達の遊タイムにドラマ有り」これで終了です。

賛否両論ある遊タイムですが、遊タイムならではの楽しみ方をされてると思います。

今日はここまで。最後までお付き合いありがとうございました。


コメント