【南国育ち】初代に負けない波の荒さでデジャブな話

スポンサーリンク
スロット画像南国育ち実践ブログ
スポンサーリンク

先日から頭の中に常に蝶が飛んでるスナゴケです。

前日の続きとなります。https://sunagoke.net/archives/3327

朝イチ5連続で蝶が飛んだのですが段々と尻すぼみになった南国育ち。グラフはこんな感じ

スロット画像

あっても設定4かな?朝イチから打って疲れていたのもありまして一旦止めたのですが・・・・

1時間ほどして帰ってきた時の話です。

スポンサーリンク

出戻り

ひぐらしをチョイ打ちして「さあ帰るか」と出入口付近に差し掛かると僕の打っていた南国育ちが目に入りました。

スロット画像

どうやら僕が止めた後に直ぐ飛んだようで連チャン後即止めしていました。

ここで気になったのはこの解析値

スロット画像

参照スロマガさんhttps://www.pachimaga.com/

高設定であれば通常Cへの移行率は結構高いのです。

スナゴケ

有利区間が切れるまでなら追っかけて見るのもありなのでは?

これが地獄の始まりでした。

有利区間ランプ切れる

有利区間ランプを睨みながらの遊技。

110ゲーム、120ゲーム、順調にゲーム数を重ねていきます。

「別に当たってくれてもかまわないんだぜ!」

そんなことも考えながら回していると・・・・・・・・

スロット画像

195ゲームで有利区間ランプが切れる・・・・・・

震える

「マジかよ!モードC貰った!とか思っていたのに・・・・・・」

本来ならここで止めるべきですが

「多分高設定だしな。もうチョイ追っかけるか!」

ダラダラと打ち続けます。

デジャブ

出戻りしてから11k投資の384ゲーム。キュイン!と鳴ってボーナス。

しかし🦋は飛びません。

そしてまた有利区間を睨みます!しかし・・・・・・

スロット画像
画像は使いまわし

また150ゲームで有利区間ランプがきれました・・・・・・・・・・・・

どう考えてもここが止め時なのですが・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・止め時・・・・・・・・

・・・・・・・止め時だよな・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








燃える男

「こんな中途半端な所で止められるか(# ゚Д゚)全ツッパじゃ!!!」

疲れていたのか冷静な判断が出来なくなってました。

そして続行いたしますと

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

まさかの734ゲームハマり

頭を抱える

投資は1500枚を超えております。

しかし、ハマり続ける間デジャブを感じておりました。

そういえば18年くらい前も同じようなことをしていたと・・・・・・

仕事終わりにホールへ行くと、ボチボチ良さげで連チャン終了後の南国育ちを見つけては

スナゴケ

「設定6は無い。でも設定5、4くらいならあるかも・・・・・」

なんてことを考えながら着席。

そして単発地獄を喰らい3,4万くらい負けて帰る。

こんな毎日を送っておりました(笑)

懐かしさから感傷にひたりながらレバーを叩いてましたよ。

遅れが出まくる!

すみません。話が脱線しちゃいました。

単発後なので、どれだけお金を入れてあろうが、何がなんでも追っかけないといけません!

するとここで台の雰囲気がガラッと変わります。

「遅れが出まくる!」のです。

100ゲーム回す辺りでは3回出てきました。

数回モードcを回してましたが今まで遅れが出たのは1回だけ。

あからさまな違和感がありました。さらにはリプレイ時のフラッシュも確認!

スロット画像

「間違いない!高モードだ!」手ごたえがありました。

そして迎えた402ゲーム天井。投資は2000枚近くまでいってましたが・・・・・・・









スロット画像

フリーズからの(右上のラッキーランプが点灯してる)・・・・・・・

スロット画像

青7で・・・・・・・・・

スロット画像

エンディングボーナスで完走2400枚!

投資を捲る事に成功いたしました。

スロット画像

まとめ

スロット画像

結局グラフはこんな感じに!

2000枚吸い込んで2400枚返ってくるなんて初代さながらの波の荒さじゃないですか!

久しぶりに痺れましたよ。

100ゲーム事にモードアップの抽選をしているとの事なので、ハマればハマるほどチャンスなのでしょう。

初代にそっくりじゃないですか!

台自体は1000枚程のプラスになってますが、僕は途中でヤメてる部分があり、更には1台目の負債を合わせるとプラス1kという残念な結果に。

それでも「南国育ち」楽しかったです。

打っていると作り手(メーカーの開発の人)の初代南国育ちへのリスペクトが感じられて、それが物凄く嬉しかったです。

流行ってほしいなぁ。

僕ももちろん打ちますよ!

今日はここまで。ありがとうございました。

コメント