パチ屋店員をいじってグチってより楽しいパチライフを!2

スポンサーリンク
良いパチンコ日和でございます。パチ屋に行く前に見てほしい話
スポンサーリンク

どうもスナゴケです。
となりにいるのは警察犬のコンプライアンスです。


前日の記事の続きになります。

今回はパチ店員をいじってグチって楽しむ為の店員の選び方

を書いていこうと思います。



スポンサーリンク

・男性店員ならメガネをかけていてスキがある店員


いじったりグチを言って面白い店員にはメガネ着用率が高いですね。

スキがあるというのはちょっと寝癖がのこってたり、くつが汚かったり

してる店員のことです。いじった時に面白いのはこのタイプの店員です。

逆に髪型バッチリ時計も靴も車も良いものを着けている店員はいじったりされるのを嫌う傾向ありますので気をつけて下さい。


ダブルパチンコ

・すれ違った時に会釈をするかどうか。



最低限の礼儀ができてシャレの通じる店員でないと楽しめません。
笑顔で挨拶できる店員ならなお良いですね!

上記ふたつをクリアしている店員を見つけましょう。

女性店員は会釈が出来てれば大丈夫です。



・声を掛けて反応をみる。

最初は出来るだけ簡単にしてください。
具体例ですと

「今日はちょっと勝ったわ」とか

「あの台で300ハメられた!」とかですね。

この時に笑顔で「よかったですね」とか

悔しそうな表情で「それえらい目にあいましたね」とか

しっかり対応してくれる店員ならOKです。

じょじょにグチや勝ち自慢をしていきましょう。




注意事項

コンプライアンスが厳しい昨今、パチ屋も例外ではありません。

イベント規制、出玉規制とがんじがらめです。

例えばお客様が店員に

「小役確率が良いから設定良いわ」と話す分には良いのですが

「良い台ないの?」とか「設定入ってる?」とか
聞くのは勘弁してあげてください。

スロット好きのバカな店員なら思わず

「さっき6確でてましたよ!」とか言ってしまうのですよ。(自分のことです)

その挙句、店員でありながらスロットコーナー出入り禁止を

くらったりする店員もいますので(はい!自分です)(笑)

あとお客様と飲みに行ったりとか遊びに行くのも禁止されてる店がおおいです。

仲良くなっても飲みには誘わないで上げて下さい。






まとめ

あれこれ書きましたが店員とお客様の関係ですからね。

気軽に声かけてみて笑顔で返してくるなら問題ないです。

ちょっと言い過ぎたなって時には

嘘でもよいので「ありがと、また来るわ」と言えば無問題です。




あと自分のブログのカテゴリーに
”パチ屋ほのぼの話”というのをつくってます。
店員をいじる際に参考になると思うので良かったら是非!



最後までお付き合いありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント